初めての書初め(小1)

昨日(1月2日)、私の実家で、私・妻・息子(小1・情緒級)・両親で書初めをしました。
息子は、毛筆で字を書くことが初めてだったので、嫌がらずに書いてくれるのか心配していましたが、素直に”正月”という字と名前を書いてくれました。ただ、いつも字を書くときと同じようにテキトーに書いている姿には笑ってしまいましたが。

意外なことに、息子は、毛筆で字を書くことが楽しかったようで、何度も「まだ書く」と言っては、半紙に字を書いていました。(5~6枚は書いていました。)恐らく、息子は、筆の弾力や墨に興味をもったのではないかと思います。
4~5歳の頃は、書くことに困難さを抱えていた息子ですが、今のところ小学校で習うひらがな、カタカナ、漢字は、なんとか書けるようになっていて、親としては息子の”字を書くこと”についての伸びは感じてはいるものの、まだ字が汚かったり、学校の先生から板書の書き写しができないとの報告があったりということで不安な気持ちも少しあります。そんな中、息子が意外にも”毛筆で字を書くこと”にすごく興味を持って楽しんでくれたということがとてもうれしかったです。今後は、時々、家族で毛筆で字を書くという時間を作っていきたいなと思いました。

コメントを残す